ベルジュバンスパーマ

パーマをかけていたむのは基本的に、アルカリのパーマ液で髪の毛を膨潤さすためです。

 

ベルジュバンスのパーマ液は弱酸性のため、髪の毛を膨潤さすことがなく、このことによって髪の毛を傷めることがありません。

 

ただ時、ウェーブの形状が少し細かくなったり、ウェーブが取れやすいという弱点もあります。

 

せっかくベルジュバンスだパーマをかけたら、シャンプーなども弱酸性を使いましょう。

 

試験管に髪の毛を切って入れて、バルジュバンスの液にしたした場合、1日たってもほとんど変化はありません。

 

パーマ後の匂いもほとんどないです。